ソースファイル/リソースファイルの生成 

sbt にはソースコードやリソースの生成を行うタスクを登録する標準的なフックが用意されている。

ソースコードの生成 

ソースコードを生成するタスクでは、ソースコードを sourceManaged のサブディレクトリに生成し、 生成した File オブジェクトを返すように実装するのがよいだろう。 タスクの実装の核となる、ソースを生成する関数のシグネチャは次のようになる。

def makeSomeSources(base: File): Seq[File]

ソースを生成するタスクは sourceGenerators キーに追加する。 ここでは、実行結果の値ではなくタスク自体を追加するため、通常の value ではなく、 taskValueを使う。 sourceGenerators には生成するソースが main か test かに応じて、それぞれ CompileTestのスコープ付けをしておく。 大まかな定義は次のようになる。

sourceGenerators in Compile += <task of type Seq[File]>.taskValue

これは、 def makeSomeSources(base: File): Seq[File] を用いて次のように書ける。

sourceGenerators in Compile += Def.task {
  makeSomeSources((sourceManaged in Compile).value / "demo")
}.taskValue

より具体的な例を示そう。 次の例では、 source generator は、実行するとコンソールに "Hi" と表示する Test.scala というアプリケーションオブジェクトを生成する。

sourceGenerators in Compile += Def.task {
  val file = (sourceManaged in Compile).value / "demo" / "Test.scala"
  IO.write(file, """object Test extends App { println("Hi") }""")
  Seq(file)
}.taskValue

これを run タスクで実行すると、次のように "Hi" と表示されるだろう。

> run
[info] Running Test
Hi

テスト用のソースコードを生成したい場合は、上記の Compile の部分を Test に変更する。

注意: ビルドを効率化するために、 sourceGenerators では、呼び出しの度にソースの生成を行うのではなく、 sbt.Tracked.{ inputChanged, outputChanged } などを用いて、必ず入力値に基づいたキャッシングを行うべきである。

デフォルトでは、生成したソースコードはビルド成果物のパッケージには含まれない。 追加するには、別途 mappings への追加が必要になる。 この詳細は、Adding files to a packageを参照して欲しい。 source generator は Java のソースも Scala のソースも1つの Seq で一緒に返すが、 後続の処理は拡張子を元にそれらを区別できる。

リソースの生成 

リソースを生成するタスクは、リソースを resourceManaged のサブディレクトリに生成し、 生成した File オブジェクトを返すように実装するのがよいだろう。 ソースの生成の場合と同様に、タスクの実装の核となる、リソースを生成する関数のシグネチャは次のようになる。

def makeSomeResources(base: File): Seq[File]

リソースを生成するタスクは resourceGenerators キーに追加する。 ここでも、実行結果の値ではなくタスク自体を追加するため、通常の value ではなく、 taskValueを使う。 resourceGenerators にも、生成するリソースが main か test かに応じて、それぞれ CompileTestのスコープ付けをしておく。 大まかな定義は次のようになる。

resourceGenerators in Compile += <task of type Seq[File]>.taskValue

これは、 def makeSomeResources(base: File): Seq[File] を用いて次のように書ける。

resourceGenerators in Compile += Def.task {
  makeSomeResources((resourceManaged in Compile).value / "demo")
}.taskValue

上記の例を、run タスク、または packageタスク (compileタスクでないことに注意) で実行すると、 resourceManaged が示す "target/scala-*/resource_managed" の中に demo というファイルが生成される。 デフォルトでは、生成したリソースはビルド成果物のパッケージには含まれない。 追加するには、別途 mappings への追加が必要になる。 こちらについても、詳細は Adding files to a package を参照して欲しい。

次の例では、アプリケーション名とバージョンが書かれた myapp.propertiesというプロパティファイルが生成される。

resourceGenerators in Compile += Def.task {
  val file = (resourceManaged in Compile).value / "demo" / "myapp.properties"
  val contents = "name=%s\nversion=%s".format(name.value,version.value)
  IO.write(file, contents)
  Seq(file)
}.taskValue

テスト用のリソースとして扱いたい場合は CompileTest に変更する。

注意: ビルドを効率化するために、 resourceGenerators では、呼び出しの度にリソースの生成を行うのではなく、 sbt.Tracked.{ inputChanged, outputChanged } などを用いて、必ず入力値に基づいたキャッシングを行うべきである。