インプットタスクの後で何かする 

ここまでタスクに焦点を当ててみてきた。タスクには他にインプットタスクというものがあって、これはユーザからの入力をシェル上で受け取る。 典型的な例としては run in Compile タスクがある。scalastyle タスクも実はインプットタスクだ。インプットタスクの詳細は Input Task 参照。

ここで、run in Compile タスクの実行後にテスト用にブラウザを開く方法を考えてみる。

src/main/scala/Greeting.scala 

object Greeting extends App {
  println("hello " + args.toList)
}

build.sbt v1 

lazy val runopen = inputKey[Unit]("run and then open the browser")

lazy val root = (project in file("."))
  .settings(
    runopen := {
      (run in Compile).evaluated
      println("open browser!")
    }
  )

ここでは、ブラウザを本当に開く代わりに副作用のある println で例示した。シェルからこのタスクを呼び出してみよう:

> runopen foo
[info] Compiling 1 Scala source to /x/proj/...
[info] Running Greeting foo
hello List(foo)
open browser!

build.sbt v2 

この新しいインプットタスクを run in Compile に再配線することで、実は runopen キーを外すことができる:

lazy val root = (project in file("."))
  .settings(
    run in Compile := {
      (run in Compile).evaluated
      println("open browser!")
    }
  )