Hello, World 

このページは、既にsbt をインストールしたことを前提とする。

ソースコードの入ったプロジェクトディレクトリを作る 

一つのソースファイルを含むディレクトリでも、一応有効な sbt プロジェクトとなりうる。試しに、hello ディレクトリを作って、以下の内容の hw.scala というファイルを作成する:

object Hi {
  def main(args: Array[String]) = println("Hi!")
}

次に hello ディレクトリ内から sbt を起動して sbt のインタラクティブコンソールに run と入力する。 Linux、Mac OS X の場合、コマンドは以下のようになる:

$ mkdir hello
$ cd hello
$ echo 'object Hi { def main(args: Array[String]) = println("Hi!") }' > hw.scala
$ sbt
...
> run
...
Hi!

この例では、sbt はただデフォルトの規約によって動作している。sbt は以下のものを自動的に検知する:

デフォルトでは、sbt は sbt 自身が使っている Scala のバージョンを使ってプロジェクトをビルドする。

sbt run でプロジェクトを実行したり、sbt consoleScala REPL に入ることができる。 sbt console は君のプロジェクトにクラスパスを通すので、プロジェクトのコードを使った Scala コード例をその場で試すことができる。

ビルド定義 

ほとんどのプロジェクトでは何らかの手動設定が必要になるだろう。 基本的なビルド設定方法はプロジェクトのベースディレクトリに build.sbt というファイルとして配置されるものだ。 例えば、君のプロジェクトが hello ディレクトリにある場合、hello/build.sbt はこんな感じになる:

lazy val root = (project in file(".")).
  settings(
    name := "hello",
    version := "1.0",
    scalaVersion := "2.11.8"
  )

.sbt ビルド定義で、build.sbt の書き方をもっと詳しく説明する。 もし君のプロジェクトを jar ファイルにパッケージ化するつもりなら、最低でも build.sbt に name と version は書いておこう。

sbt バージョンの設定 

hello/project/build.properties というファイルを作ることで、特定のバージョンの sbt を強制することができる。 このファイルに、以下のように書く:

sbt.version=1.0.0-M4

sbt はリリース間で 99% ソースコード互換性を維持しているが、 sbt バージョンを project/build.properties に設定しておくことで、不要な混乱を避けることができるだろう。