スコープ 

このページではスコープの説明をする。前のページの .sbt ビルド定義タスク・グラフ を読んで理解したことを前提とする。

キーに関する本当の話 

前のページでは、あたかも name のようなキーは単一の sbt の Map のキー・値ペアの項目に対応するかのように説明をしてきた。 しかし、それは実際よりも物事を単純化している。

実のところ、全てのキーは「スコープ」と呼ばれる文脈に関連付けられた値を複数もつことができる。

以下に具体例で説明する:

スコープによって値が異なる可能性があるため、あるキーへの単一の値は存在しない

しかし、スコープ付きキーには単一の値が存在する。

これまで見てきたように sbt がプロジェクトを記述するキーと値のマップを生成するためのセッティングキーのリストを処理していると考えるなら、 そのキーと値の Map におけるキーとは、実はスコープ付きキーである。 また、(build.sbt などの)ビルド定義内のセッティングもまたスコープ付きキーである。

スコープは、暗黙に存在していたり、デフォルトのものがあったりするが、 もしそのデフォルトが適切でなければ build.sbt で必要なスコープを指定する必要があるだろう。

スコープ軸 

スコープ軸(scope axis)は、Option[A] に似た型コンストラクタであり、 スコープの各成分を構成する。

スコープ軸は三つある:

という概念に馴染みがなければ、RGB 色空間を例に取ってみるといいかもしれない。

color cube

RGB 色モデルにおいて、全ての色は赤、緑、青の成分を軸とする立方体内の点として表すことができ、それぞれの成分は数値化することができる。 同様に、sbt におけるスコープはサブプロジェクト、コンフィギュレーション、タスクのタプルにより成り立つ:

scalacOptions in (projA, Compile, console)

より正確には、以下のようになっている:

scalacOptions in (Select(projA: Reference),
                  Select(Compile: ConfigKey),
                  Select(console.key))

サブプロジェクト軸によるスコープ付け 

一つのビルドに複数のプロジェクトを入れる場合、それぞれのプロジェクトにセッティングが必要だ。 つまり、キーはプロジェクトによりスコープ付けされる。

プロジェクト軸は ThisBuild という「ビルド全体」を表す値に設定することもでき、その場合はセッティングは単一のプロジェクトではなくビルド全体に適用される。 ビルドレベルでのセッティングは、プロジェクトが特定のセッティングを定義しない場合のフォールバックとして使われることがよくある。

依存性コンフィギュレーション軸によるスコープ付け 

依存性コンフィギュレーション(dependency configuration、もしく単に「コンフィギュレーション」) は、ライブラリ依存性のグラフを定義し、独自のクラスパス、ソース、生成パッケージなどをもつことができる。 コンフィギュレーションの概念は、sbt が マネージ依存性 に使っている Ivy と、MavenScopes に由来する。

sbt で使われる代表的なコンフィギュレーションには以下のものがある:

デフォルトでは、コンパイル、パッケージ化と実行に関するキーの全ては依存性コンフィグレーションにスコープ付けされているため、 依存性コンフィギュレーションごとに異なる動作をする可能性がある。 その最たる例が compilepackagerun のタスクキーだが、 (sourceDirectoriesscalacOptionsfullClasspath など)それらのキーに影響を及ぼす全てのキーもコンフィグレーションにスコープ付けされている。

もう一つコンフィギュレーションで大切なのは、他のコンフィギュレーションを拡張できることだ。 以下に代表的なコンフィギュレーションの拡張関係を図で示す。

dependency configurations

TestIntegrationTestRuntime を拡張し、RuntimeCompile を拡張し、 CompileInternalCompileOptionalProvided の 3つを拡張する。

タスク軸によるスコープ付け 

セッティングはタスクの動作に影響を与えることもできる。例えば、packageSrcpackageOptions セッティングの影響を受ける。

これをサポートするため、(packageSrc のような)タスクキーは、(packageOption のような)別のキーのスコープとなりえる。

パッケージを構築するさまざまなタスク(packageSrcpackageBinpackageDoc)は、artifactNamepackageOption などのパッケージ関連のキーを共有することができる。これらのキーはそれぞれのパッケージタスクに対して独自の値を取ることができる。

グローバルスコープ成分 

それぞれのスコープ軸は、その軸の型のインスタンスを代入する(例えば、タスク軸にはタスクを代入する)か、 もしくは、Global という特殊な値を代入することができる。これは * とも表記される。つまり、GlobalNone と同様だと考えることができる。

* は全てのスコープ軸に対応する普遍的なフォールバックであるが、多くの場合直接それを使うのは sbt 本体もしくはプラグインの作者に限定されるべきだ。

分かりづらいことに、ビルド定義内で someKey in Global と書いた場合、暗黙の変換によってこれは someKey in (Global, Global, Global) に変換される。

ビルド定義からスコープを参照する 

build.sbt で裸のキーを使ってセッティングを作った場合は、(現プロジェクト, Global コンフィグレーション, Global タスク) にスコープ付けされる:

lazy val root = (project in file("."))
  .settings(
    name := "hello"
  )

sbt を実行して、inspect name と入力して、キーが {file:/home/hp/checkout/hello/}default-aea33a/*:name により提供されていることを確認しよう。つまり、プロジェクトは、{file:/home/hp/checkout/hello/}default-aea33a で、コンフィギュレーションは * で、タスクは表示されていない(グローバルを指す)ということだ。

右辺項に置かれた裸のキーも (現プロジェクト, Global コンフィグレーション, Global タスク) にスコープ付けされる:

organization := name.value

キーにはオーバーロードされた .in メソッドがあり、それによりスコープを設定できる。 .in(...) への引数として、どのスコープ軸のインスタンスでも渡すことができる。 これをやる意味は全くないけど、例として Compile コンフィギュレーションでスコープ付けされた name の設定を以下に示す:

name in Compile := "hello"

また、packageBin タスクでスコープ付けされた name の設定(これも意味なし!ただの例だよ):

name in packageBin := "hello"

もしくは、例えば Compile コンフィギュレーションの packageBinname など、複数のスコープ軸でスコープ付けする:

name in (Compile, packageBin) := "hello"

もしくは、全ての軸に対して Global を使う:

// concurrentRestrictions in (Global, Global, Global) と同じ
concurrentRestrictions in Global := Seq(
  Tags.limitAll(1)
)

concurrentRestrictions in Global は、concurrentRestrictions in (Global, Global, Global) へと暗黙の変換が行われ、全ての軸を Global に設定する。 タスクとコンフィギュレーションは既にデフォルトで Global であるため、事実上行なっているのはプロジェクトを Global に指定することだ。つまり、{file:/home/hp/checkout/hello/}default-aea33a/*:concurrentRestrictions ではなく、*/*:concurrentRestrictions が定義される。)

sbt シェルからのスコープ付きキーの参照方法 

コマンドラインと sbt シェルにおいて、sbt はスコープ付きキーを以下のように表示する(そして、パースする):

{<ビルド-uri>}<プロジェクト-id>/コンフィギュレーション:タスクキー::キー

全ての軸において、* を使って Global スコープを表すことができる。

スコープ付きキーの一部を省略すると、以下の手順で推論される:

さらに詳しくは、Interacting with the Configuration System 参照。

スコープ付きキーの表記例 

スコープの検査 

sbt シェルで inspect コマンドを使ってキーとそのスコープを把握することができる。 例えば、inspect test:full-classpath と試してみよう:

$ sbt
> inspect test:fullClasspath
[info] Task: scala.collection.Seq[sbt.Attributed[java.io.File]]
[info] Description:
[info]  The exported classpath, consisting of build products and unmanaged and managed, internal and external dependencies.
[info] Provided by:
[info]  {file:/home/hp/checkout/hello/}default-aea33a/test:fullClasspath
[info] Dependencies:
[info]  test:exportedProducts
[info]  test:dependencyClasspath
[info] Reverse dependencies:
[info]  test:runMain
[info]  test:run
[info]  test:testLoader
[info]  test:console
[info] Delegates:
[info]  test:fullClasspath
[info]  runtime:fullClasspath
[info]  compile:fullClasspath
[info]  *:fullClasspath
[info]  {.}/test:fullClasspath
[info]  {.}/runtime:fullClasspath
[info]  {.}/compile:fullClasspath
[info]  {.}/*:fullClasspath
[info]  */test:fullClasspath
[info]  */runtime:fullClasspath
[info]  */compile:fullClasspath
[info]  */*:fullClasspath
[info] Related:
[info]  compile:fullClasspath
[info]  compile:fullClasspath(for doc)
[info]  test:fullClasspath(for doc)
[info]  runtime:fullClasspath

一行目からこれが(.sbt ビルド定義で説明されているとおり、セッティングではなく)タスクであることが分かる。 このタスクの戻り値は scala.collection.Seq[sbt.Attributed[java.io.File]] の型をとる。

“Provided by” は、この値を定義するスコープ付きキーを指し、この場合は、 {file:/home/hp/checkout/hello/}default-aea33a/test:fullClasspathtest コンフィギュレーションと {file:/home/hp/checkout/hello/}default-aea33a プロジェクトにスコープ付けされた fullClasspath キー)。

“Dependencies” に関しては、前のページで解説した。

“Delegates” (委譲) に関してはまた後で。

今度は、(inspect test:full-class のかわりに)inspect fullClasspath を試してみて、違いをみてみよう。 コンフィグレーションが省略されたため、compile だと自動検知される。 そのため、inspect compile:fullClasspathinspect fullClasspath と同じになるはずだ。

次に、inspect *:fullClasspath も実行して違いを比べてみよう。 fullClasspath はデフォルトでは、Global スコープには定義されていない。

より詳しくは、Interacting with the Configuration System 参照。

いつスコープを指定するべきか 

あるキーが、通常スコープ付けされている場合は、スコープを指定してそのキーを使う必要がある。 例えば、compile タスクは、デフォルトで CompileTest コンフィギュレーションにスコープ付けされているけど、 これらのスコープ外には存在しない。

そのため、compile キーに関連付けられた値を変更するには、compile in Compilecompile in Test のどちらかを書く必要がある。 素の compile を使うと、コンフィグレーションにスコープ付けされた標準のコンパイルタスクをオーバーライドするかわりに、カレントプロジェクトにスコープ付けされた新しいコンパイルタスクを定義してしまう。

“Reference to undefined setting“ のようなエラーに遭遇した場合は、スコープを指定していないか、間違ったスコープを指定したことによることが多い。 君が使っているキーは何か別のスコープの中で定義されている可能性がある。 エラーメッセージの一部として sbt は、君が意味したであろうものを推測してくれるから、“Did you mean compile:compile?” を探そう。

キーの名前はキーの一部であると考えることもできる。 実際の所は、全てのキーは名前と(三つの軸を持つ)スコープによって構成される。 つまり、packageOptions in (Compile, packageBin) という式全体でキー名だということだ。 単に packageOptions と言っただけでもキー名だけど、それは別のキーだ (in 無しのキーのスコープは暗黙で決定され、現プロジェクト、Global コンフィグレーション、Global タスクとなる)。

ビルドレベル・セッティング 

サブプロジェクト間に共通なセッティングを一度に定義するための上級テクニックとしてセッティングを ThisBuild にスコープ付けするという方法がある。

もし特定のサブプロジェクトにスコープ付けされたキーが見つから無かった場合、 sbt はフォールバックとして ThisBuild 内を探す。 この仕組みを利用して、 versionscalaVersionorganization といったよく使われるキーに対してビルドレベルのデフォルトのセッティングを定義することができる。

便宜のため、セッティング式のキーと本文の両方を ThisBuild にスコープ付けする inThisBuild(...) という関数が用意されている。 セッティング式を渡すと、それに in ThisBuild を可能な所に追加したのと同じものが得られる。

lazy val root = (project in file("."))
  .settings(
    inThisBuild(List(
      // Same as:
      // organization in ThisBuild := "com.example"
      organization := "com.example",
      scalaVersion := "2.12.2",
      version      := "0.1.0-SNAPSHOT"
    )),
    name := "Hello",
    publish := (),
    publishLocal := ()
  )

lazy val core = (project in file("core"))
  .settings(
    // other settings
  )

lazy val util = (project in file("util"))
  .settings(
    // other settings
  )

ただし、後で説明するスコープ委譲の性質上、ビルドレベル・セッティングを単純な値の代入以外に使うことは推奨しない。

スコープ委譲 

スコープ付きキーは、そのスコープに関連付けられた値がなければ未定義であることもできる。

全てのスコープ軸に対して、sbt には他のスコープ値からなるフォールバック検索パス(fallback search path)がある。 通常は、より特定のスコープに関連付けられた値が見つからなければ、sbt は、ThisBuild など、より一般的なスコープから値を見つけ出そうとする。

この機能により、より一般的なスコープで一度だけ値を代入して、複数のより特定なスコープがその値を継承することを可能とする。 スコープ委譲に関する詳細は後ほど解説する。