Def.taskDyn を用いて動的タスクを定義する 

逐次タスクだけで十分じゃなければ、次のステップは動的タスクだ。純粋な型 A の値を返すことを期待する Def.task と違って、Def.taskDynsbt.Def.Initialize[sbt.Task[A]] という型のタスク・エンジンが残りの計算を継続するタスクを返す。

compile in Compile を実行した後で scalastyle-sbt-pluginscalastyle in Compile タスクを実行するカスタムタスク、compilecheck を実装してみよう。

project/build.properties 

sbt.version=0.13.13

project/style.sbt 

addSbtPlugin("org.scalastyle" %% "scalastyle-sbt-plugin" % "0.8.0")

build.sbt v1 

lazy val compilecheck = taskKey[sbt.inc.Analysis]("compile and then scalastyle")

lazy val root = (project in file(".")).
  settings(
    compilecheck := (Def.taskDyn {
      val c = (compile in Compile).value
      Def.task {
        val x = (scalastyle in Compile).toTask("").value
        c
      }
    }).value
  )

これで逐次タスクと同じものができたけども、違いは最初のタスクの結果である c を返していることだ。

build.sbt v2 

compile in Compile の戻り値と同じ型を返せるようになったので、もとのキーをこの動的タスクで再配線 (rewire) できるかもしれない。

lazy val root = (project in file(".")).
  settings(
    compile in Compile := (Def.taskDyn {
      val c = (compile in Compile).value
      Def.task {
        val x = (scalastyle in Compile).toTask("").value
        c
      }
    }).value
  )

これで、compild in Compile をシェルから呼び出してやりたかったことをやらせれるようになった。