ディレクトリ構造 

このページは、 sbt をインストールして、 Hello, World を読んだことを前提とする。

ベースディレクトリ 

sbt 用語では「ベースディレクトリ(base directory) 」はプロジェクトが入ったディレクトリを指す。 Hello, World での例のように、hello/build.sbt が入った hello プロジェクトを作った場合、ベースディレクトリは hello となる。

ソースコード 

sbt はデフォルトで Maven と同じディレクトリ構造を使う(全てのパスはベースディレクトリからの相対パスとする):

src/
  main/
    resources/
      <メインの jar に含むデータファイル>
    scala/
      <メインの Scala ソースファイル>
    java/
      <メインの Java ソースファイル>
  test/
    resources/
      <テストの jar に含むデータファイル>
    scala/
      <テストの Scala ソースファイル>
    java/
      <テストの Java ソースファイル>

src/ 内の他のディレクトリは無視される。また、隠しディレクトリも無視される。

ソースコードは hello/app.scala のようにプロジェクトのベースディレクトリに置くこともできるが、 小さいプロジェクトはともかくとして、通常のプロジェクトでは src/main/ 以下のディレクトリにソースを入れて整理するのが普通だ。 ベースディレクトリに *.scala ソースコードを配置できるのは小手先だけのトリックに見えるかもしれないが、 この機能は後ほど重要になる。

sbt ビルド定義ファイル 

ビルド定義はプロジェクトのベースディレクトリ以下の build.sbt (実は *.sbt ならどのファイルでもいい) にて記述する。

build.sbt

ビルドサポートファイル 

build.sbt の他に、project ディレクトリにはヘルパーオブジェクトや一点物のプラグインを定義した *.scala ファイルを含むことができる。 詳しくは、ビルドの整理を参照。

build.sbt
project/
  Dependencies.scala

project 内に .sbt があるのを見ることがあるかもしれないが、それはプロジェクトのベースディレクトリ下の .sbt とはまた別物だ。 これに関しては他に前提となる知識が必要なので後ほど説明する

ビルド成果物 

生成されたファイル(コンパイルされたクラスファイル、パッケージ化された jar ファイル、managed 配下のファイル、キャッシュとドキュメンテーション)は、デフォルトでは target ディレクトリに出力される。

バージョン管理の設定 

.gitignore (もしくは、他のバージョン管理システムの同様のファイル)には以下を追加しておくとよいだろう:

target/

ここでは(ディレクトリだけにマッチさせるために)語尾の / は意図的につけていて、一方で (普通の target/ に加えて project/target/ にもマッチさせるために)先頭の / は意図的に つけていないことに注意。